なぜてばなしなのか? ~見ずにはいられない~

ある日のある方との会話。

「ウチのパートナーがね、こないだ私に訊いてきたの。
『まむちんって人はどうして『てばなし』とか
『手話』しゅわ…って言ってるの?』
『聴こえる人同士が手話やてばなしを使う理由ってなーに?』って。
なんて答えたらいいのかなぁ?」
と。

そのとき
彼女はPCの画面を見ながら私に問いかけ、
私は私でスマホで写真の整理をしながらそれを聴いていました。

「目を見ておはなしすることになるからかな…」

スマホをさわっていた私は手を止め、彼女を見ながらそう答えました。

ハッとしたように彼女もPCの画面から目を離し、私を見ました。

目を見て話すと嬉しいってこんな感じです

<話しかけるとき>

・相手を呼ぶ
・気づいてくれたかどうか?を目が合うことで確認する
・手で話す(伝える)
・伝わったかどうか?を目を見て確認する

<話かけられるとき>

・相手に呼ばれる
・気づいていることを知らせるために目を合わせる
・相手が手で話しているのを読み取る
・受け取れた(理解した)ことを目を見て伝える

相手が手で話しているとき、自分が手で話しているときは
主に手元や表情を見ることになりますが
伝わったかどうか?読みとれているかどうか?を確認するときには
お互いの目を見ることになります。

本来あたりまえのことなのかもしれませんが
目を見て話す…って普段なかなかできなかったりしてませんか?

「目を見ておはなしすることになるからかな…」

後日、私の返答をパートナーに伝えた彼女から
「もう『なんで?ねぇなんで?』って言わなくなった(笑)
納得したのかもー」
という報告がありました^^